人気ブログランキング |

私山ちゃんの過去・現在・未来をとりとめなく書いてます。


by yamachany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2005年 07月 22日 ( 1 )

悩めるお年頃

 試験がしばらくなく、ぼんやりと毎日を過ごしているところです。いままでじっくりと考える暇がなかった、ある問題に悩んでいます。

 それは、「年齢」のことです。

 法務教官の試験に合格すると、合格=即採用、ではなく、自分が行きたい鑑別所や少年院にハガキを出し、打診があったら各機関で採用面接を受けます。そこで内定をもらえてようやく採用、となります。これがなかなか時間がかかるようです。1月に採用が決まったり、ギリギリの3月に決まったり、次年度になってから(現にこの時期に急に連絡が来た方もいます)決まったり、最悪の場合は採用されずじまい、ということもあります。

 もし私が現役大学生や、まだ20代半ばぐらいであれば、法務教官1本にかけることもできますが、私の歳は、法務教官受験ぎりぎりの年齢。法務教官にもし合格しても、それ1本にかける勇気がないのです(>_<)

 障害者職業カウンセラーは、もしかしたら合格=採用かもしれません。でも情報がなく、実際どうなのか良く分かりません。

 心理の仕事がしたくて教員を辞め、今に至るわけですが、もし今年上記2つとも不合格になり、来年もう一度チャレンジするとしたら、年齢的には以下のものになります。

①国家Ⅰ種(あと3年ぐらいはいけますが、一次合格すら無理でしょう^^;)
②家裁調査官(来年がラスト。今から専門論述試験の勉強をガッツリやれば何とかなるかも)
③いくつかの地方上級心理判定員(年齢制限に引っかからない自治体。働いてみたい自治体があるかどうかはまだわかりません)
④障害者職業カウンセラー(こちらもあと3年ぐらいいけそうですが、来年度も採用があるかは不明)
⑤警察官(番外編ですが、採用されてからもしかしたら鑑識や、相談窓口などの心理系の仕事ができるかも・・・。来年がラストチャンスです)

 数えたら結構ありますね~。しかし、やっぱりどうしても今年度中に合格、採用されたいなあ、という焦りのようなものがあるので、9月に市町村役場の一般行政試験も受けるつもりです。「この自治体なら働きたい」と思うところがあるので、出願だけでもしてみました。もしそこしか合格できなかったら、働いてお金を貯め、大学院へ入り、臨床心理士の資格を取り、心理の仕事をしたいなあという夢もあります。働きながら勉強するのは本当に大変ですが、社会人大学生も今では巷にあふれているので、やってやれないことはないと思います。

 しかし家裁もう一回受けたいなあ・・・。私と同じ年齢で、「心理職一本」で頑張っている友達を見ると、「就職浪人しようかなあ」と思うのですが、でもやっぱり早く就職したい・・・。

 かなりフラフラしてます(;_;)
by yamachany | 2005-07-22 09:38 | 公務員(じゃないのも)試験