私山ちゃんの過去・現在・未来をとりとめなく書いてます。


by yamachany
カレンダー

<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

地域差!?

 みなさん、グッパーをするときの掛け声は何と言いますか?先日、うちの一部の職員の間で話題になり、面白いなと思ったのでお聞きします。

①グッ・パー
②グーとパー
③グッパでホイ!!
④その他
⑤「グッパー」って何!?

 私は①です。しかし、②と③が同じぐらいの数で多数派でした^^;


 あ、あとこんなのもありました。前期研修中、何かの役割を決めるとき、同期数人でじゃんけんをしたのですが、一人の方が親指と人差し指を出しました。私は笑いながら、

「それ、昔のチョキじゃないですか~」

と言いました。そうしたら、その方と同じ地方出身の方に

「え??何で笑われるのかが分からない」

と言われました。「チョキは人差し指と中指」というのは全国共通ではないようです^^;
[PR]
by yamachany | 2006-02-28 19:45 | 土地ネタ、風景
 昨日、「1リットルの涙」(ライフログ参照)を読み終わりました。

 この本は、難病を背負った少女が、闘病生活の中で見たこと、感じたこと、考えたこと、など等を日記や詩に綴ったものがまとめてあります。

 この本を読んだ読者の感想がいくつか書いてありました。ほとんどの方が、「感動のあまり涙が止まりませんでした」「生きる勇気をもらいました」みたいな事を書いていました。私もそのような感想を持ったことは持ったのですが、それ以上に深く考えさせられたことがあります。それは、

「自らの障害を受け入れることの難しさ」

です。

 この少女は、中学生の時に病気で、体に障害を抱え、それと一生付き合っていきました。中途障害者は、健常なときのイメージがあるため、自分の障害を受け入れ、自分は「障害者」であると認めるまでには時間がかかるようです。

 今までできていたことができなくなる。「これは障害のせいなんだ」と頭では分かっているのに、やっぱりもどかしい。

 少女はそれでも、懸命に毎日を生きようとしていました。何度もくじけそうになりましたが、母親の支えもあり、前向きに頑張っていました。

 もし私が同じ立場になったとしても、これだけ強い心を持っていられるだろうか。考えてみましたが、はっきり言って自信がありません。生きる意味を見失い、自暴自棄になるか、毎日嘆きながら過ごすでしょう。この少女は本当にたくましいなあ、と思いました。


 うちの職場には毎日のように障害を持った方が来られます。中には、事故や怪我、病気等で中途障害者になられた方もいらっしゃいます。「まだ障害受容ができない」という方もおられます。そんな方々も、この少女のような思いを持っているのかなあ・・・。

 障害受容を促すのって難しいなあ、慎重にやらねばならないなあ、とすごく考えさせられた1冊でした。
[PR]
by yamachany | 2006-02-27 20:11 | カルチャー

今日の私

 昼間で寝て、ご飯も食べずに掃除。買い物の後、こたつで寝る。6時半ごろむくっと起きて、夕飯を作り、食べる。




 ・・・かなりイケてない一日(>_<)やる気が全く起きなかった一日(;_;



 頑張れ自分!!!
[PR]
by yamachany | 2006-02-26 20:40 | はみだしもの

たかが睡眠、されど睡眠

 昨日の夕方、突然具合が悪くなりました(;_;

 仕事中、何かやたらと生あくびが出て止まりませんでした。かみ殺しながら仕事を続けていたのですが、そのうち吐き気が強くなり、おまけに頭も痛くなり・・・。何とか勤務時間中は持ちましたが、帰りは本当に吐きそうでした(>_<)「こりゃ~料理は作れん」と私にしては珍しく、コンビニでおにぎりとインスタントの蕎麦を買って食べました。

 食べている最中、「布団敷いて寝よう」と思っていたのですが、食べ終わるとおっくうになり、そのままこたつで寝てしまいました。

 そして約4時間後、目が覚めました。すると、

「あれ??何か気分が良くなったような・・・」

 そうなんです、少し寝たら吐き気がかなり解消されていたのです。「これはどういうことだ??」としばらく考えていましたが、その理由が分かりました。それは・・・

「寝不足」

です。月曜日に実家から戻ってきて以来、夜の寝つきが悪かったのです。おそらく、実家で睡眠リズムが乱れ(朝の10時頃まで寝ていたり、夜遅くまで飲んでいたり、寝台列車で夜の10時には寝たり)、その状態でこちらへ戻ってきたはいいけど、12時就寝、6時半起床の元々の睡眠リズムがなかなか取り戻せず、寝つきも悪くなったのではないか、と思うのです。

 最近は2時ぐらいにならないと眠れず、ちょっと気にはなっていました。一日ぐらいなら大したことはないのですが、毎日続くと体に影響するんだなあ・・・とつくづく思いました。

 「体の疲れは睡眠以外では取れない」という話を聞いたことがあります。「たかが睡眠」とあなどることなかれ^^;
 

 
[PR]
by yamachany | 2006-02-25 19:16 | はみだしもの

強さの秘密

 以前、某サッカー番組で、中村俊輔選手がプロのサッカー選手になる前からつけているという「サッカーノート」を紹介していました。

 私、サッカーにはあまり興味がないのですが、俊輔は一番好きなサッカー選手です。彼のフリーキックは芸術的!!いつ見てもホレボレしてしまいます(*^_^*)

 そんな彼の芸術的なフリーキックや、強靭な精神力の秘密が「サッカーノート」に隠されていました。フリーキックのイメージをスケッチしたもの、自らを奮い立たせる数々の言葉・・・。辛いときや苦しいとき、このノートを見返しては自分を励ましているそうです。

 この特集を見ながら、「私もノートつけでみるがな~」とぼんやりと思いました。その名も

「カウンセラーノート」

 そう、日々の仕事の中で気付いたこと、先輩の仕事から得たこと、などなど、仕事に関することを何でも書き込んでいくノートです。まだ駆け出しの障害者職業カウンセラーですが、毎日感じたことを書いていくことで、考える力がついたり、カウンセリングの腕があがったり、うちの職場のサービスに対する理解が深まったり・・・、といろんなメリットがありそうです。

 特集が終わったあと、

「よし!!つける!!」

と心に誓いました。次の日早速ノートも購入しました。





 しかし、そのノートはまだ真っ白・・・^^;

 「明日から」「来週から」と伸ばし伸ばしにしているうちに今日まで来てしまいました。私の悪い癖です(>_<)

 でも、ここで言った以上はつけますよ!!必ず・・・。
[PR]
by yamachany | 2006-02-23 20:07 | はみだしもの

さらに美しく!?

 おととい、昨日と教育テレビで、私の好きなメークアップアーティスト、藤原美智子さんの「この春のメーク」や、「メークアップレッスン」をやっていました。やっぱり春はパステルカラーが似合います。どうしても「若い子向け」という印象があるパステルカラーを、大人の女性が上手に取り入れるコツがよく分かりました。

 しかし、私の普段のメークを振り返ると・・・。眉は変になるのが怖くて太いまま。アイシャドウは無難な白やベージュ系。ピンクや水色、パステルグリーンも持ってはいますが、めったに使いません。そして口紅もベージュばかり・・・。

 しかも、昔からあるものをずーっと愛用しており(!?)新しいアイテムはほとんど購入していません^^;それに加えて化粧には時間をかけたくない私。毎朝パパッと適当に済ませています。これではますます干物女になってしまう(笑)。

 化粧したての頃は、アイシャドウ一色つけるのも楽しくて、目も口も頬もいろんな色にして楽しんでいました(やりすぎてけばくなった、という失敗もありましたが・・・)。雑誌のメーク特集を穴が開くほど読み、スクラップして、真似もしました。ところが、慣れてくるに連れてメークが無難になってきたような気がします。

 思い立ったが吉日!!早速春色のメーク用品を買って練習して、イメチェンしてみようかな??
[PR]
by yamachany | 2006-02-22 19:33 | はみだしもの

京都人のイメージ

 実家へ帰っていた間、親戚や友人、先生からこう言われました。

「『・・・どすえ~』って言わないの??」

 京都=「・・・どすえ~」ってイメージがみんなに浸透しているようです。実は私も京都に来るまでそうなのかと思っていました。

 ・・・が、実際の京都人は使いませんよ。「どすえ」(笑)。使うのは舞妓さんや芸子さんぐらいじゃないでしょうかね??

 それに、京都に住んでまだ3ヶ月ほどの人間がいきなり「どすえ」なんて言えません^^;
[PR]
by yamachany | 2006-02-21 19:59 | 土地ネタ、風景

最後の集まり・・・

 今日、約一週間ぶりに京都に戻ってきました。仕事も久々、ということで、何だかエンジンがかからないままに一日が終わりました^^;

 先週の土曜日、地元のボランティアスタッフ+職員の飲み会がありました。ただの飲み会なら、わざわざ京都から足を運ぶことはなかったのですが、特別な集まりだった、その上おそらくこれが最後の集まりだろうということで参加しました。

 もう5年ほど前から、青森県の某青少年教育施設でボランティアをしています。仕事で新潟へ行ったり、京都へ行っている間も、いまだに仲間に入れてもらっています。そこは県の施設なのですが、諸々の事情により、今年度限りで閉鎖することになったのです。というわけで、先週の土曜日が今の職員とボランティアスタッフが集まる最後の(じゃないかもしれないけど・・・)機会となりました。

 何人かには参加することを話してはいたのですが、ほとんど飛び入り状態の私を見て、

「山ちゃんわざわざ来たの~??」
「何で山ちゃんいるんだがと思った~!」
「もう山ちゃんには会えないがと思ってた~」

と驚きの声が(^^)教員採用試験に合格した人のこと、近いうちに結婚するという人のことなどなど、新しい情報も入れることができました。みんな元気だったし、お互いの近況報告もでき、本当に楽しいひとときでした。

 久しぶりのボラスタ飲み、ということで酒も大いに進み(ガンガン勧める人がいるもんで^^;)、最後にはもうベロベロでした(>_<)ワインの飲みすぎ+紹興酒一気飲みが敗因だと思われます・・・。次の日は頭はガンガンするし、気持ち悪いしでたいへんでした。まあ、でも楽しかったし、もぅ復活したからいいです。

 土曜日と全く同じメンバーでまた飲めるかは分かりませんが、このつながりはこれからも大切にしていきたいです(*^_^*)
[PR]
by yamachany | 2006-02-20 20:23 | 友達

歳にまつわるエトセトラ

 おじいちゃんの通夜が終わったあとの会食での二コマです。

①そこまで言われると・・・
  何年か振りに会った叔母さんが、私を見るなりこう言いました。

  「山ちゃんさん若いね~。高校生でもいけるんじゃないの!?」

  確かに私、いつも実際の年齢よりも若く見られることが多いです。それはうれしいんですけど、10以上も下の高校生と実際並べば、その差は歴然とするでしょうに・・・。これが大学生のときだったら、「ほんとですか~?アリガトウゴザイマス(*^_^*)」って素直に喜んだのですが、今はさすがに・・・。「は、はあ、そうですか・・・^^;」と気のない返答しかできませんでした。


②それここで言うなよ~!!
  私の弟と、いとこ4人の計6人で話していたときのこと。いとこの中には、もう何年もあってない人もいたので、みんなの年齢がよく分からない状況でした。一番年下のうちの弟は、「顔も見たことがない」といういとこがいました。そこで、みんなで年齢を自己申告しました。

 みんなの申告が終わったあと、弟がため息混じりにこう言いました。

  「もう25になったのがぁ・・・」

 他の5人の年齢構成は、30代3人、30により近い20代2人。弟の言葉を聞き、一瞬空気が凍りました(笑)。そこですかさず、いとこが

  「Tくん(弟)、それ本音だがもしれないけど、今みんなば敵さまわしたよ~(^_^.)」

 この言葉でみんな爆笑しました。確かに敵にまわしたと思う・・・^^;
[PR]
by yamachany | 2006-02-17 16:02 | 家族、親戚
 おととい、亡くなったおじいちゃんの家でろうそくと線香の番をしていたときのことです。この日ははじめから番をするように言われていたわけではなく、通夜の後の会食で父に頼まれました。私は普段コンタクトレンズをしているのですが、番することを想定していなくて、レンズのケースを実家に置いてきてしまいました。

 レンズをつけたまま一晩過ごすのはかなり辛いので、小皿を二枚借り、薄く水を張って、そこに一枚ずつレンズを外して台所に置いておきました。一瞬「コンタクトレンズ」とか紙に書いて貼っておこうかとも思いましたが、「まあ大丈夫だべ」とそのままにしておきました。

 そして翌朝。レンズをつけようと台所へ向かうと、なんと小皿がなくなっているではありませんか~(@_@;)ああ、やっぱり紙に書いとけばよかったなあ・・・と後悔しましたが後の祭り。ちょうどおばあちゃんが来たので、聞いてみました。


山:こごさ皿二枚なかった?

婆:ああ、洗ったよ~。

山:(やっぱり・・・(^_^;))コンタクトレンズ入ってらんだけど・・・。

婆:あれ!!ごめん!!どすべ~!!一応探してみるが。


 二人でシンクの中を探してみましたが、やっぱりありませんでした。おばあちゃんは「弁償するはんでの~。迷惑したじゃ」と反省していました。コンタクトレンズは一応うすーい色がついていますが、まず分かりません。やっぱり書いておけばよかったなあ、と私も反省しましたm(__)m

 結局、めがねを持ってきていたので、何とか事足りましたが、明日買いに行ってきます。レンズケースは常に携帯したほうがいいですね^^;

 
[PR]
by yamachany | 2006-02-16 12:33 | 家族、親戚