私山ちゃんの過去・現在・未来をとりとめなく書いてます。


by yamachany
カレンダー

<   2005年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 ここ2,3日、鼻水が止まりません(>_<)これは風邪かなあ・・・。何かのども痛いような。でも私は鼻炎持ちなので、そっちの方だったらまだましかなあ、と思っている今日この頃です。



 5月のある日、友達のNくんと本屋で待ち合わせをしていました。そこで立ち読みをしていたところ、

「鼻血が急に出るようになったのは『白血病』のサイン」

と書いてありました。4月ごろから、週に一度は何の前触れもなく鼻血が出ていた私は、「ひえ~、私ってもしかして『白血病』!?」と恐れおののきました(@_@;)

 その時、Nくんがやってきました。「私白血病かもしれない・・・」と本に書いてあったことを話すと、「山ちゃん色素薄そうだしな~、病院行った方いいんでねえ?」と言われました。何か意味の分からない助言でしたが、とりあえず耳鼻科に行ってみることにしました。

 2日後、最寄の耳鼻科へ行きました。そこのお医者さんは、わりと若い方なのですが、津軽なまりがけっこうあり、それがかえって私にとっては落ち着く感じの、いい先生です。

 事情を話し、検査を受けました。先生は、「ただのアレルギーか鼻炎だと思るばってなあ」と話した後、

「もし腕とか脚に内出血出でくるようだば、白血病とが、血友病だのの、血の病気だはんで、内科さおぐるはんでの~。な~んて脅したぐらいにしてな(^_-)-☆」

と笑顔で話したのです。いや、そんな怖いことにこやかに話さないでよ・・・(-_-;)

 幸い内出血は出ていなかったので、ホッとしました。診察のあと、点鼻薬をやりました。これは、大まかに言うと、「吸入の鼻バージョン」。霧状の薬が出てくる装置を両方の鼻穴に差し込み、しばらく薬を鼻に送る、というもの。この日は点鼻薬をして、薬をもらって帰りました。

 しかし、まだ鼻血が出るので、約10日後に再び耳鼻科へ行きました。待合室で順番を待っていると、青いつなぎを着た若い男の人が入ってきました。

「うわ~、カワイイ(*^_^*)」

 20代前半ぐらいの、かっこいいというよりはかわいい感じの男の人です。ちょうど視界に入る場所に座ったので、いけないと思いつつチラチラ見てしまいました。

 私が呼ばれ、診察を受け、また点鼻薬をしました。点鼻薬はだいたい5分ほどやります。鼻に装置をさし、終わるのを待っていると、あのかわいい男の人が点鼻薬の機械の方にやってくるではありませんか!!ちょっとこの姿は人に見せられるものではありません。

 「お願いだから向かいには来ないで~」と祈るように見ていました。が、看護士さんが「○○さん、こちらへお座りください」といった場所は、ナント私の向かい(゜o゜)そして、私とその男の人は向かい合って点鼻薬をやったのでした・・・。

 両方の鼻穴に装置を突っ込んだ姿を見られ、とても恥ずかしかったです(>_<)私の点鼻薬が終わると、逃げるようにして待合室へ戻りました。まあ、その人は私の顔なんか見てはいなかったと思いますが、「はあ・・・」ってかんじでした(-_-;)

 あれ以来、鼻血も出なくなり、内出血も出ていないので、まあめでたしめでたし、です。
[PR]
by yamachany | 2005-08-31 10:19 | 思ひ出

謝謝\(^o^)/

 さきほど、ブログを開いたら、いろんな方が「おめでとう」コメントを寄せてくださっていました。涙が出るほど嬉しかったです(;_;)友達もいれば、顔も知らない方、はたまたコメントは書いていないけれどもブログはいつも見に来てくださっている方まで、みなさん本当にありがとうございました。

 仕事を辞め、一人で公務員試験の勉強を始めた頃は、ほんと孤独な戦いでした。しかし、ブログをはじめたことで、勉強の息抜きにもなり、新しい出会いも数々ありました。ブログは、いつのまにか私にとってなくてはならないもの、生活の一部になっていました。

 これからも、仕事がどんなに忙しくなっても、ブログは続けていきます。今後ともよろしくお願いいたしますm(__)mどなたかがお住まいのところで働くことになるかもしれませんが、その時はヨロシクです(笑)。

 あ、ちなみに、法務教官はダメでした(>_<)よけいに、障害者職業カウンセラーに拾ってもらってありがたや、って感じです。

P.S. 「カテゴリ」一部変更しました。
[PR]
by yamachany | 2005-08-30 10:16 | 公務員(じゃないのも)試験

大どんでん返し!!

 先ほど、障害者職業カウンセラーを採用するところから、内定の電話をいただきました\(^o^)/

 「通知は9月上旬」と聞いていたので、本当にびっくりしました。電話口でも、「は、はい・・・ありがとうございました」と答えるのがやっと。

 10月1日から、障害者職業カウンセラー補(一年間は研修期間の為、「補」というのがつきます)デビューします!!やった~(*^_^*)ここまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m
 
 正式な通知は後日来ます。おそらくそれに、勤務地が書いてあるのだと思います。この職業は、全国転勤があるので、どこに採用になるのか、皆目見当もつきません。勤務希望地を聞かれることもなかったので・・・。母は、「何とか東北地方になんね~べがな・・・」と言っていましたが、どうでしょうねえ。まず、青森県はないと思います(>_<)あ~、どきどきするよ~(@_@;)

 というわけで、法務教官は受かっても辞退します。マジ「大どんでん返し」ってカンジです。

 もう公務員試験の勉強しなくてもいいのねん・・・それが今は一番うれしいかも(^^)
[PR]
by yamachany | 2005-08-29 14:45 | 公務員(じゃないのも)試験
東北の夏祭り〜大曲花火大会〜

 旧秋田県大曲市(現在は大仙市)で毎年行われる花火大会です。新作の花火がバンバン打ちあがり、それはそれはすごいのだそうです。観客の数も、人口の何十倍もの人が訪れるとか。トイレに行くのも一苦労だ、と数年前に行ってきた母が言っていました。

 「BS日本の夏祭り」とか言う番組で放送しますので、ぜひご覧ください。でも、やっぱり生で見たいです~(*^_^*)
[PR]
by yamachany | 2005-08-29 13:32 | 祭り、イベント
 明日は衆議院議員選挙の公示日ですね。私は、郵政民営化には賛成ですが、小泉総理のやり方には疑問を感じたので、だれに投票すればいいのか迷っています。

 今回の選挙は、将来の日本を決める大事な選挙です。が、それよりも大事なことがあります。それは・・・

「法務教官の最終合格発表」

です!!申し訳ないけど、日本の将来より、自分の将来の方が大事です(笑)。これに合格しても、まだ採用面接、と言うものがありますが、就職に大きく近づくことは言うまでもありません。

 明日、合否をここで発表します。ああ、受かってますように・・・(>_<)
[PR]
by yamachany | 2005-08-29 13:10 | 公務員(じゃないのも)試験

この味!!

 昨日、両親が「だけきみ」を買ってきました。「だけきみ」というのは、岩木山麓の嶽高原、というところでとれるきみ(=トウモロコシ、青森ではトウモロコシのことを「きみ」と言いますが、実はアイヌ語からきているらしいです)のことです。今の季節から、嶽高原沿いの道路には、たくさんのお店が並びます。
d0032536_1045549.jpg
d0032536_10451947.jpg


 見た目は至って普通のトウモロコシです。が、一口ほおばると「これほんとにトウモロコシなの!?」っていうくらいの甘さが口の中に広がります。ただ塩ゆでしただけなのに、です。日中暑くて、朝晩涼しい、という嶽高原の気候のおかげで甘さが出るのだそうです。

 一本あっという間に食べてしまいました。これは皆さんにも是非食べていただきたいです(^^)取り寄せてでも・・・、なんて^^;

 ところで、みなさんトウモロコシをどうやって食べますか!?私は丸かじり派なので、食べた跡が汚いのですが、祖母は入れ歯のせいか、粒を手で丁寧に取って食べていました。食べた跡もすごくキレイでした。
[PR]
by yamachany | 2005-08-28 10:50 | 食べ物

 高校2年のある日の話です。漢文の授業で、先生に指名され、黒板に出て、白文に帰り返り点やカナをつけました。その時、先生に

「『ヲ』の書き順はこうですよ」

と教えられました。その授業の後の休み時間、私は友達にこう言いました。

「カタカナのこしまがりの『を』の書き順なんて知らないよね~」

 すると、友達はびっくりして、「こしまがりの『を』って何!?」と聞いてきました。私が「だから、これだよ~」と机に指で書きました。それを見た友達は爆笑。そして

「違うよ、それはくっつきの『を』っていうんだよ~」

と言われました。今度は私が「なんでくっつきの『を』なの!?」と聞くと、単語と単語をくっつけるからそのように言うのだと教えられました。ちなみに、「こしまがりの『を』」は、字の形からそのように呼ぶのだと思いますが、小学校でそのように習ったので、それが普通と思って使っていました。

 友達に笑われた私は悔しくなり、他の友達にも聞いてみました。その日は一日中、会う人会う人に、「『を』のことなんて言う!?」と聞いていました。すると決まって、「くっつきの『を』」や、「つなぎの『を』」という答えが返ってきたのです。

 「こしまがりの『を』」と言うたびに、「何それ~!?」「津軽弁!?」ひどい人からは、「山ちゃん語なんじゃねえ~」と言われました。当時仙台の高校に通っていたので、もしかしたらこれは青森県にしか通用しないのかなあ、という疑問がわいてきました。

 それから数年後。ある小学校で非常勤講師をしていたとき、私は1年生の教室で、授業のお手伝いをしていました。国語の時間、先生も、子どもも、口々に

「ここで使うのは、こしまがりの『を』だよ」

と言っているではありませんか!!これを聞いて、「ああ、やっぱりこしまがりの『を』は正しかったんだ」という確信を得ました。

 これ読んでる皆さんの地域ではどうですか!?同じ青森県でも、使わないところもあるようですが・・・。
[PR]
by yamachany | 2005-08-27 09:23 | 思ひ出

淡い期待

 台風11号、東海や関東では被害が出ているようですね。被害に遭われた方、お見舞い申し上げますm(__)mちなみに、私の住んでいるところは、またも予報円がかぶらないまま、東海上に抜けていってしまうようです。

 教員をしていたある日の話。台風が新潟県に接近する、との情報を受け、昼休みに急遽職員が教務室に呼び出されました。台風に関するプリントを5時間目に子ども達に渡すように、とのことでした。内容はこんな感じ。

 明日の台風の接近状態によって、
①臨時休校
②登校を一時間遅らせる
③登校を二時間遅らせる
④通常通り登校する
を、朝児童に電話連絡する(学級の連絡網を使って)。④の場合は連絡しない。

 私はプリントに目を通しながら、「休みになんね~べが・・・」と不謹慎にも思っていました。ま、子どもが休みでも、先生は出勤なのですが^^;

 5時間目、早速子ども達そのプリントを配りました。気が早い子どもは、「先生、明日休み!?」と騒いでいたので、なだめてから、みんなでプリントの読みあわせをしました。あちこちで、「休みになればいいなあ」という声がしました。私も同じだよ・・・。

 その日の夜、布団に入ってから、次第に雨風が強くなってきました。アパートが壊れるんじゃないかと思うくらい、強くなってきました。「今こんだば明日まで(台風)もだね~でば・・・」と思いながらも、明日まで台風が続くことを願って眠りました。

 次の日の朝、もし何らかの措置がとられるのであれば、6:15頃に主任から電話が来るので、早く起きて受話器の前でじっとしていました。テレビをつけると、予報円がもう北海道にまで達していたので、「ああ、多分普通どおりだな・・・」と少々ガッカリしながら電話を待ちました。結局電話は来ず、普通に登校することになりました。

 朝の会、当然台風の話をしました。どこの家も被害がなかったのでひとまずホッ。その日、北海道の小中学校は臨時休校、というニュースが流れていたせいか、「先生、何で北海道は休みなのに、新潟は休みじゃないの~!?」という質問が出ました。「新潟はもう台風が行ってしまったからだよ」と答えましたが、私も心の中では「んだよな~、私も休みたかった」とつぶやいたのでした^^;

 こうやって読むと、私ってすごくやる気のない教師ですね~(゜o゜)
[PR]
by yamachany | 2005-08-26 07:42 | 思ひ出

お天気お兄さん

 台風11号が上陸するようですね~。私、台風中継って結構好きなんです。自分の住んでいるところはめったに台風の被害を受けないので、「お~、すごい波だなあ・・・」などと言いながら中継を見ています。毎年被害にあう地域にお住みの方には申し訳ないんですけど・・・^^;

 今日も、お昼に某国営放送の台風中継を見ていました。すると、ある気象予報士の方が出てきて、説明を始めました。その方を見て、私は

「ア!!平井さんだ~(*^_^*)」

と嬉しくなりました。平井さん、かっこいいんですよ~。昔はよく出ていたのですが、最近は一年に一回見れればよいほうだったので、余計に嬉しかったです。

 「平井さんのかっこよさを知っているのは私だけに違いない!!」と思っていたのですが、以前、あるテレビ雑誌を読んでいたときのこと。最後のほうに、読者の声のページがありました。そこに、

「気象予報士の平井さんってかっこいいですよね~」

という投稿があるではありませんか(゜o゜)「他にもいたのか・・・」と少しガッカリしましたが、うれしくもありました。

当時はまだ独身のようでしたが、今はどうなんでしょう!?
[PR]
by yamachany | 2005-08-25 13:19 | はみだしもの

また・・・

 勉強を始めました(>_<)来月、二つ試験を受けるためです。本当はもっと早くから始めなければならなかったのですが、一ヶ月以上勉強していなかったせいか、どうにもヤル気が起きなくて、「明日からやろう」と言いつつここまで来てしまったなあ、という感じです。

 本当は三つ受けようとしていたのですが、一つ(他県の市役所)取りやめました。理由は、「どうしても志望動機が思いつかないから」です。

 ここまで読んで、「志望動機がないなら、受けなきゃいーじゃない」と思った方もいるでしょう。しかし、就職難の今、「どうしても公務員になりたい」と、他市や、他県からも市役所を受ける人が増えているそうです。私もそのクチです。そこは、日程+年齢+試験科目の三条件をクリアしていたのに加え、かつて住んだことのある県でした。

 その市の募集要項が発表になり、願書も取り寄せました。しかし、願書には「志望した理由」という大きな欄がありました。今まで受けた公務員試験では、ほとんどが一次に合格してから、面接カードで志望動機などを書く、というパターンでした。なので、これには正直困りました。

 面接対策の本を読むと、「そこの政策を絡めて志望動機を述べよ」とか、「どうしても公共の役に立つ仕事がしたい、とアピールせよ」とか書かれていました。とりあえずその市のHPを見て、政策も印刷して読みました。しかし、やっぱり住んだこともない土地。これ!、という志望動機は浮かんできませんでした。

 きっと、この市側は、私のような人をできるだけ少なくしたい、というねらいがあるのでしょう。できるだけ長く勤めることができる、地元の人を採用したいのかなあ、と思いました。そう考えると、「もしここに勤めることになっても、ずっと働いていけるかなあ・・・」と自信がなくなってきました。で、結局出願するのをやめました。

 この市の志望動機にずっと悩まされていたので、それから解放され、勉強にも集中できるようになりました。あと二週間ほどしかありませんが、できるだけのことはしようと思います。
[PR]
by yamachany | 2005-08-24 09:12 | 公務員(じゃないのも)試験