私山ちゃんの過去・現在・未来をとりとめなく書いてます。


by yamachany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:カルチャー( 15 )

 前回の折り紙で味をしめた(笑)私、さらにいろいろと作ってみました。

 MOケース。その名の通り、MOが入ります。色がシブくて好きです(^^)
d0032536_19514037.jpg

 祝儀袋。これはかなり実用的。上手に折れませんでしたが、今後実際に作って使いたいです。
d0032536_19533141.jpg

 ケーキボックス。これが最も難しかったかも^_^;ふたの部分が特に。浮き浮きでかっこ悪いので、思わず手で押さえてしまいました(笑)。
d0032536_19555291.jpg

 ギフトボックス。箱がアイボリー、ふたがペパーミント、包装紙がサーモンピンクの和紙です。すっごく繊細でこれもお気に入り。
d0032536_19593798.jpg

 ダックスフンド。かわいいでしょ~?これ、なんと即席の箸置きにもなるんですよ。急なお客様が来ても安心(笑)。
d0032536_201093.jpg

 ひまわり。近所の行きつけの「ひまわり」にプレゼントしようかな??
d0032536_2013740.jpg


 他にも折り紙キットがあるので、余裕があるときに注文しようと思います。
[PR]
by yamachany | 2007-03-05 20:02 | カルチャー

?年ぶりのお遊び

 とは・・・。 
d0032536_20284326.jpg

 そうです、折り紙です。フェリシモで、生活雑貨を折り紙で作るキットをかな~り昔(3年はたってる^^;)購入したまま、昨日までほっぽってました。何となく手作りに目覚めたので、夕食前にいくつか作ってみました。

 今日はぽち袋シリーズ。まずはシンプルなぽち袋。折り紙の向きを間違えたばっかりに、余計な折り目がついてしまいました(>_<)
d0032536_20314848.jpg

 風車のぽち袋。何かアンバランスですねえ…。
d0032536_20324346.jpg

 二重のぽち袋。だんだん手慣れてきました。
d0032536_20341435.jpg

 長方形のぽち袋。これもけっこう苦戦しましたが、うまくできました。
d0032536_20345820.jpg

 八角形のぽち袋。練習用の折り紙を使って練習してからトライ。まずまずの出来。
d0032536_20362940.jpg


 実際に使うかどうかは分かりませんが、かわいらしいのでしばらく取っておこうと思います。キットがまだ残っているので、近々第二弾を書きますね~。
[PR]
by yamachany | 2007-02-28 20:37 | カルチャー

呼吸アシスト

 昨日、birdのライブに行ってきました(何やら芸能ニュースを賑わせているようですが)。大学生の頃から彼女のファンなのですが、ライブは初めて。どんな感じなのかなあ~、と楽しみにしていました。

 会場は、ホールでしたが小さめでした。私は2階席の一番前、左端でしたが、彼女の顔がはっきりと見れました。ステージの真ん中に四角いじゅうたんを敷き、その上に裸足で立ってパワフルな歌声を披露してくれました。周りにはギターやベース、ドラムにパーカッション、ピアノ、キーボード、コーラスがぐるっと彼女を囲んで演奏していました。各楽器のかっこいいソロもたくさんあり、そちらにも満足しました。

 歌はもちろん良かったのですが、それよりも楽しかったのがMC。だって、「何の話聞きたい!?」ってお客さんに振るんですよ~(笑)。それに対して何人かのお客さんが「子ども~」と答えたのを聞き、「子どもの話ってあんまりしたことないなぁ~」と照れながら話し出しました。このお客さんとのやり取りを聞き、なんてアットホームなライブなんだろう・・・とほほえましくなりました。


 MCは進み、最近健康維持のためにしてやっている、太極拳に話題が移りました。ひとしきり話した後、

「見たいですか??」

とお客さんに振ってくれました。もちろん会場は拍手でいっぱいになりました。

「じゃあ・・・」

というと、リラクゼーション系のBGMをバンドが演奏しだしました。それにあわせて、

「すって~、はいて~。すって~、はいて~」

と言いながら彼女が深呼吸を始めました。「いえね、これCDに入ってるんですよ~」と。会場は爆笑(*^_^*)続けて、

「私やるんで、みなさん『すって~、はいて~』をお願いします」

と言うものだから会場は大爆笑!爆笑しながらも、会場のお客さんみんなで(私も)

「すって~、はいて~。すって~はいて~。・・・」

と唱え始めました。それにあわせて太極拳をするbird(笑)。「『すって~、はいて~』に包まれるホールって・・・^m^」笑いがこみ上げてきました。

 太極拳を終えたbirdに、会場からは大きな拍手。「皆さんのおかげで、初級太極拳ができました。ありがとうございました」というお礼の言葉にまた拍手。ステージと観客が一体となって作り上げた時間、とっても楽しかったです。

 
 私が行くコンサートってほとんど大ホールにたっくさんのお客さんがいるんですけど、こんな小規模なコンサートもいいなあ・・・と思いながら会場を後にしました。
[PR]
by yamachany | 2007-02-19 20:15 | カルチャー

ハッスル!!!

 昨夜、東京スカパラダイスオーケストラのライブに行ってきました。CDを買ってまで聴くアーティストではないのですが、昔ライブビデオを見て、あまりのかっこよさにしびれ、「いつか絶対行く!!」と誓ったものでした。約10年越しの夢が叶った、というわけです。

 最新のCDを一度聴いただけなので、予備知識(!?)はほとんどナシ。ルパンⅢ世のテーマと、氷結果汁のCM曲ぐらいしか知らない状態で行ったので、ノレるかちょっと心配でした。

 しか~し、始まってみれば、そんな心配はまったくありませんでした。メンバーみんなカッコイイ!!そして、お客さんにもダンスが上手く、ノリノリな人がたくさんいて、自然に入っていけました。曲ごとのお約束のジェスチャーも、見よう見まねでやりました。

 約1時間半、跳んだりはねたりでずーっと動いてました。あそこまで無心で踊れたライブは初めてです。ちょっと人には見せられないぐらい(笑)イッちゃってました。終わってみれば汗ビッチョリ、Gパンにも汗がしみこんでいました。スカッとしました~(^^♪


 友達にスカパラが大好きな子がいて、その子はライブのためならちょっと遠くでも一人で行っちゃうんですよ。「そこまでして・・・」って思ってましたけど、昨日体験してみてその気持ちが分かりました。ま、友達のようにはいきませんが、ツアーのたびに足を運んでみようと思いました。

 人目をはばからず思い切り踊りたい人、汗をかきたい人、ストレス発散したい人、めっちゃオススメですよ~(^_-)-☆
[PR]
by yamachany | 2006-10-02 19:48 | カルチャー

精進いたします・・・

 今朝、新潟から弘前の実家へ帰ってきました~。弘前の朝はとってもさわやかです(^^)京都とは大違い・・・^^;

 昨日、三味線コンサートに出させていただきました。一言で申しますと・・・

「自分はまだまだ(>_<)」

です・・・。まあ、練習してなかった自分が悪いので、自業自得なのですが。


 今回は、「じょんがら新節」と「津軽甚句」の2曲を弾きました(モチ合奏)。新節は、曲の後半がなかなか覚えられず、練習でも苦戦していました。おととい、先生のおうちに三味線を借りに行ったとき、稽古もつけていただいたのですが、ボロボロで、2階にこもって自習しました。それでなんとか覚え、ちょっとの早さならついていけるようになりました。

 でも、本番の新節が早いこと・・・。一回間違うともうついていけません(-_-;)前にいる方の手や指を見よう見まねで動かしていました(笑)。



 「ああ、もっと練習すればいがったなあ・・・」悔しくてなりませんでした。打ち上げで、先生が

「一日10分、撥さばきの練習すればうまくなる」

とおっしゃったのを素直に実行して、うまくなりたいです(*^_^*)
[PR]
by yamachany | 2006-07-10 09:29 | カルチャー

んなこたぁ~ない!! 

 藤井フミヤのニューアルバムのタイトル


「下北以上 原宿未満」


を見た瞬間、青森県の地図が頭に浮かびました。



 が、すぐに気付きました。






「・・・あ、『下北沢』か^^;」
[PR]
by yamachany | 2006-07-06 21:02 | カルチャー

私も・・・

 昨日、NHKで津軽三味線全国大会に向けて頑張る3人の男性のドキュメントをやっていました。大会は、弘前で5月4日に行われたものです。

 登場していた3人は、大会3連覇を狙う高校生、技巧派の大学生、そして地元弘前の人でした。津軽衆としては、どうしても最後の方をひいき目に見てしまいます。

 今流行の、スピードとテクニックを重視した演奏にあこがれ、そういったテクニックを磨いていたらしいのですが、彼が週2回演奏に行っている居酒屋のお客さんから、

「おめ~の音色、東京もんの音だな~」

と言われたのをきっかけに、本来の津軽三味線の弾き方で大会に臨むことを決めたのだそうです。実際の演奏を聞いてみたら、「ああ、何となく津軽な感じするなあ~」としみじみしました。

 でも、3連覇を狙う高校生はやっぱりすごかったです!!くやしいけど、見事でした。そして結局彼が優勝し、史上最年少の3連覇を成し遂げたのでした。おっと、後の二人も入賞を果たしました。


 3人の練習風景を見てつくづく思ったのは、

「思いっきり音出せていいな~(>_<)」

ってことです。私の今の環境ではまずムリ・・・。音を小さくしながらこそこそと練習しているので、何か上達も遅いような気がするし、それ以前に練習する気がなかなか起こりません(ぜいたくなのかもしれませんが)。

 あ~、誰か私に三味線を思いっきり練習できるスペースを提供してください~(笑)m(__)m

 さあ、コンサートも近づいてきたし、練習しようかなあ・・・。
[PR]
by yamachany | 2006-06-17 14:10 | カルチャー
 三味線の練習をしました。我が家は壁が薄く、まともに三味線を弾いたら隣近所から苦情が来ることは必至(>_<)音を最小限の大きさにする奥の手を先生に教えていただいたので、それ+弦の間にタオルを挟む+テレビをつけて三味線の音をカモフラージュする(笑)、という対策をとって「じょんがら新節」を細々と練習しました。

 ところでみなさん、三味線の楽譜見たことありますか??こんな感じなんです。
d0032536_16221474.jpg

 「三味線」というだけあって、3本の弦に合わせて楽譜も3本の線しかありません。一番下の線が一番太い弦、一番上の線が一番細い線に対応しています。数字は、弦を押さえる場所を示しています。1が一番上、数字が大きくなるにしたがって押さえる場所が下になっていきます。数字の上に「|」が書いてあるのは、人差し指で弦を押さえ、「|||」が書いてあるのは、薬指で弦を押さえます。「ス」とか「ハ」は説明を省略します、スイマセン^^;

 今日一時間弱練習したら、だいたい曲は暗譜しました。でも、継続して練習しないとすぐ忘れちゃうんですよね、これが・・・。平日の夜はご飯を作って、ブログを更新して・・・とやっているともう練習する時間がなくなっていることが多いので、土日にまとめて練習せざるをえないのですが、今度のお稽古までには暗譜して弾けるようにしたいです。

 ああ、お稽古の日が早く来ないかなあ~。だって思い切り弾けるんですもの(*^_^*)
[PR]
by yamachany | 2006-04-02 16:30 | カルチャー

まさか・・・。

 今日は、月に一度の三味線のお稽古の日でした。津軽甚句をさらっとおさらいして、前回初めて教えていただいたじょんから新節を、曲の半分ぐらいのところまで更に教えていただきました。新しい指のテクニックも加わり、ちょっと難しかったですが、一月かけて何とかできるようになりたいです。

 私のお稽古終了後、今後の予定について先生からお話がありました。そのときの会話です。


先生:〇月△日にコンサートがあるんだけど、あんた大丈夫かい?

山ちゃん:新潟でですよね?

先:そーだよ。

山:(せっかくの機会だし、新潟の〇〇さんにも会えるから聴きに行ってみるか~)はい。

先:(京都の)他の生徒も行くし。前の日の夜行にでも乗って、帰りも夜行にすれば次の日の朝に着くろー。

山:そうですね。

先:あんたなら今から練習すれば新節は間に合うね。

山:(え、もしかして私も出るの・・・!?)え、私も出るんですか!?

先:当たり前でねっか~!目標がないとうまくならんがね。〇〇さんも喜ぶよ。

山:・・・、はい、わかりました。


 ってな感じで、何と私もコンサートに駆り出されることになってしまいました(@_@;)まあ、新節の合奏(大勢で同じ曲を弾く)の一員になるだろうと思うし、ソロ演奏はない(あったら絶対断る)ので、少しは安心なのですが・・・。それでも自分が三味線のコンサートデビューするなんて夢にも思っていなかったので、本当にびっくりしました。

 「はあ、じゃ三味線しっかり練習しないとなあ・・・」少し茫然としていると、他の生徒さん(ベテラン)が、新節を先生と一緒に弾き始めました。そのスピードといったら!!!

「え~、こったに早ぐ弾けるんだべが~(>_<)」

 かなり不安です、今・・・。まあ、でも大好きな新潟へ久々に行けるし、三味線うまくなりたいので、チャンスと思って頑張りますよ\(^o^)/
[PR]
by yamachany | 2006-03-25 20:20 | カルチャー
 今日、日本を代表するピアニスト、及川浩治のコンサートに行ってきました。
d0032536_21185456.jpg

前半はショパンとリスト、後半はドビュッシーとラフマニノフでした。私は大のショパン好き!!リストとドビュッシーも大好きなのと、「及川浩治って確か有名なピアニストだよなあ」と思い、行ってみることにしたのでした。

 私、昔ピアノを習っていたこともあり、CDや生で演奏を聴くのが好きなんです。でも、好きなんだけど、聴いているうちに、演奏している人に対してなぜがジェラシーも持ってしまうんです。何と言うか、「私もあそこまで弾けるように練習すればよかった」とか、「何であの人あんなに弾けるの~」とか・・・。ピアニストには程遠い腕前なので、ピアニストに嫉妬心を持つ必要は一切ないのですが(笑)。そんな理由で、最近はピアノの演奏をほとんど聴いていませんでした。

 しかし、今年は月に一度は生の音楽に触れようという目標を立てたので、勇気を持って(!?)行きました。プログラムには私が大好きな曲、楽譜を買って練習したけど、あまりの難しさに1ページで挫折した曲などが・・・。半分以上知っている曲だったので、ますますたのしみになりました。

 そして及川浩治登場!!一曲目の「別れのワルツ」から始まり、「革命」「英雄ポロネーズ」(ショパン)、「ラ・カンパネラ」「愛の夢第3番」(リスト)と続きました。

 ピアニストなので当たり前なのでしょうが、テクニックがすごかったです。いくつかの曲は、楽譜を頭に思い浮かべながら聴いていたのですが、「よくあんなに激しく指が動くなあ(゜o゜)」と感心することしきり。自分も練習したことのある曲はなおさら彼のすごさが分かります。世界で一番難しい曲と言われている「ラ・カンパネラ」を弾ききった瞬間、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こりました(もちろん私も思い切り拍手しました)。

 この時、なぜか「参りました」と思いました。いつものようなジェラシーを持つ気をなくしちゃうぐらいすばらしかったのです。「思い切って行ってよかった・・・」と心から思いました。

 後半は、「月の光」「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)や、「ピアノソナタ第2番」(ラフマニノフ)などが演奏されました。後半も聴き惚れました♪最後の曲が終わったあと、「ブラボー!!」と言う声が聞こえ、拍手が鳴り止みませんでした。そこでアンコールを3曲弾いてくれました。

 その3曲のうち、最後は「ハンガリー狂詩曲第2番」(リスト)でした。「ジャジャーン、ジャジャジャジャーン」とメロディーが聞こえてきた瞬間、「え、この曲アンコールでやるの??」とかなり驚きました。なぜならこの曲、10分の大作、しかもリストなので難しい、メインに登場してもいいくらいの曲なのです。そんな曲をアンコールで弾いてくれるなんて・・・。すごく得した気分になりました。そしてもちろん演奏も素晴らしかったです。

 ハンガリー狂詩曲も終わり、また会場は拍手に包まれました。それから及川浩治サイン会があるというので、購入したCDを持って並びました。サインしてもらったあと、「ありがとうございました」と握手までしてくれました(*^_^*)あったかくて厚みのある手でした。「この手からあの演奏が紡ぎ出されるんだなあ・・・」としみじみしました。

 もうすっかり及川浩治のファンになった私。大阪と奈良にも今度来るようです。絶対行きます(^^♪
[PR]
by yamachany | 2006-03-05 21:50 | カルチャー