私山ちゃんの過去・現在・未来をとりとめなく書いてます。


by yamachany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夏休みの宿題

 青森県の小・中学校の多くは、今日が夏休み最終日です(その代わり、冬休みが関東以西より1週間ほど長い)。子ども達の中には、宿題がまだ残っていて、泣きながらやっている子、親に手伝ってもらっている子などいるでしょう。

 私の子ども時代は、夏休みが始まると同時に宿題を終え、あとは遊び放題、だったわけでもなく、最終日まで残していたわけでもなく、まあフツーにやっていたほうだったかなあ、と思います。といういか、夏休みの宿題、ほとんど覚えていないんです・・・^^;

 そんな私ですが、今でもよーく覚えている夏休みの宿題があるので、振り返ってみます。

①洋服を作った(小6)
 小5から家庭科の勉強が始まり、裁縫を習って以来、私は狂ったようにいろんなものを作りました(今はサッパリです・・・)。その集大成のようなものです。白と黒のギンガムチェックのツーピースです。上はキャミソールのようなもの、下はウエストがゴムのスカートです。作ったものの、一度も着なかったような気がします。

②天気の観察(小3)
 日記帳を半分に分け、午前と午後の空の様子をスケッチし、下には簡単なコメント(気温や降水確率など)を書きました。最終日には気温と降水確率の平均を出し、傘と温度計の絵入りでまとめたりもしました。これは冬休みにもやりました。冬の方が、雪が降ったり、積雪やつららがあったりしたので、書きがいがありました。たまに、「あのノート捨てなきゃよかったなあ」と思い出します。

 あと、番外編ですが、うちの学校では、夏休み終了後、工作などを全校から集めて、理科室に展示していました。ある年、ある人がアンティークのロッキングチェアーを出していました。それを見た私と妹は、家で「あれだっきゃ絶対家がら持ってきたやづだいなあ」と言っていました。
[PR]
by yamachany | 2005-08-23 10:24 | 思ひ出